霜焼けの原因と解消法☆心斎橋駅近くリラクゼーションサロン

年冬の季節になると

霜焼けに悩まされる方は多いのでは?

 

 

「手の関節や足のかかとが赤くなってかゆくてたまらない!」
「冬になると毎年なるので困っている…」

 

 

そんな悩みを解消する為に

霜焼けになってしまう原因と

治療法を知り対策しましょう(*’ω’*)

 

 

■霜焼けの原因とは、、、

 

霜焼けになってしまう原因は

気温と皮膚表面の温度が関係しています。

簡単に説明すると

気温が低かったり体を濡らしたりなどして

体温が低くなり、体の血の巡り(血行)が

悪くなったときに霜焼けになってしまうのです。

霜焼けが手の指先や足などに

よく出来てしまうのは

血行が悪いと血が流れにくい場所だからですね。

 

 

■霜焼けの症状

 

  • 手や足の指の先、耳が赤くなっている
  • 腫れてゴムみたいに固くなっている
  • 少し赤くなったところがムズムズしてかゆくなる
  • ジンジンして痛みを感じる

     

     

    ■霜焼けの治療法

     

    霜焼けになってしまった場合は

    血行を良くする事が一番ですので

    しっかり温めてあげる事と

    湿った状態にしない事が大切です。

    なので、家庭で簡単に出来る

    血行を良くする方法を紹介しますね。

     

    1.40度くらいのお湯と5度くらいの水を用意

    2.しもやけの部分を交互に浸すのをくり返えす

     



     

    お湯で始めてお湯で終わり

      お湯に浸す時間を長めにするのが

      ポイントです(#^.^#)

     

     

     

    浸している部分の血行が良くなり

    しもやけの治りが早くなるので

    ぜひ試してみて下さい。

 

 

 

 

大阪市中央区南船場4-10-20グランドメゾン西心斎橋1104

06-6120-3555

心斎橋、四ツ橋駅から徒歩5分です☆

 

お電話お待ちしております(#^.^#)

Facebookからコメントする

comments