足の疲れには?☆心斎橋駅近くスクール

しっかり寝ても何だか疲れが取れない。

肩こり・目の疲れ・足の疲れ・脳の疲れ・気疲れ…。

寝る前の一工夫で疲れにくい体を作りましょう♪

 

 

■リンパマッサージ

体内に流れるリンパ液は、貯まった老廃物や毒素を運んでくれる役目があります。

疲労物質を運んでくれるので、リンパマッサージをすることで流れを良くして、疲労回復につながります。

基本的な事として、リンパ液は心臓のほうに戻さないといけないので、マッサージをするときは末端から心臓に向かって行う必要があります。

 

 

■足枕で眠りを深くする

専用の足枕でなくても、丸めたバスタオルでもOKです。
足枕を作って、足を15~20センチほど高くします。

ふくらはぎには、足におりてきた血液を上に押し戻すポンプの役割があります。

そのふくらはぎが張っていたり、筋肉が固くなると、
血液が十分にポンプで戻ってこなくなるので、全体の流れも悪くなります。
疲労物質や老廃物が足元にたまったままになると、疲労回復も出来ません。

足枕で足を高くするだけで、上半身に血液を戻すサポートになります。
全身の血液の流れもよくなり、むくみもとれ、リラックス出来上ます。

 

 

■足マッサージ

足のむくみも疲労が原因!
冷房の効いた部屋にいると、足がむくみやすくなりますし
立ちっぱなしや歩き過ぎ、長時間同じ姿勢で座ったままでいるのも原因です。

その結果、血液やリンパの循環が妨げられて、血管の外に余分な組織液が貯まり、むくみやだるさを引き起こします。

<方法>
1.足首まわし。
足の指の間に手を入れて、指の間を広げて、左右ゆっくりとまわします。
2.足の指まわし。
足の指を1本づつ引っ張った後に、1本づつ回します。
3.足裏の指圧。
乗せているいる足を床におろす。両手の指で足裏やふくらはぎを体重をかけて押す。

 

ラジオ波初回 60分 3000円

 

大阪市中央区南船場4-10-20グランドメゾン西心斎橋1104

06-6120-3555

 

心斎橋駅、四ツ橋駅から徒歩5分です☆

Facebookからコメントする

comments