体を温める食べ物と冷やす食べ物の目安!心斎橋駅近くスクール

● 体を温める食べ物と冷やす食べ物
の目安(ポイント)
 
1.寒い地方で産出された食べ物(食材)、
冬が旬の食べ物(食材)は体を温める。
 
北方産の食べ物(食材)は体を温め(陽性食品)、南方産の食べ物(食材)は体を冷やす(陰性食品)。
北方に住む人はただでさえ寒いのだから、自然に体をあたためる食べ物(食材)を摂るようになり、また、それが育つ。
 
南方に住む人は暑くて仕方がないから、そこでは体を冷やす食べ物(食材)と摂るようになり、また、それらがよく収穫されることになる。
たとえば、そば、塩しゃけなどの北方産の食物は体をあたためる。
 
また、果物は一般に体を冷やす作用があるが、例外としてリンゴ、サクランボ、ブドウ、プルーンなど、コーカサス地方原産の果物は体を冷やさない。
 
 
2.色の黒っぽい食べ物(食材)、濃い食べ物(食材)、
暖色(赤・黒・黄・橙色)の食べ物(食材)は体をあたためる。
 
たとえば黒豆、小豆、ひじきなの黒に近い色をしているものは、体を温める。
また、白米より玄米、緑茶より紅茶、白ごまより黒ごま、白砂糖より黒砂糖、白ワインより赤ワインなどいろの濃いもののほうが体を温める。
肉や魚も、白身より赤身が体を温める。
肉の中でも、レバーや羊肉は、体を温める食材です。
 
 
3.地下でエネルギーを蓄えた食べ物(食材)は体を温める。
 
地面の下に埋もれているものは、体を温める性質をもっています。
根菜類やイモ類は自分に熱があるので、熱い太陽から逃れようとして、地面の下へ深く伸びようとします。
逆に冷たい性質をもつ食材は、熱を得ようと太陽に向かって伸びていきます。
 
 
4.水分が少なく硬い食物(食材)は、
柔らかいものより体を温める。
 
柔らかい食物(食材)は、水分や油分を多く含み、体を冷やします。
水分は体に大切なものですが、摂取した水が尿や汗として排出されないと、水分が体に溜まって体を冷やすことになります。
油は水とは反対の性質ではあるが、体を冷やすということでは同じです。
 
 
5.塩、すなはちナトリウムの多い食物(食材)は体を温める。
 
塩、味噌、しょう油、メンタイコ,ちりめんじゃこ、肉、卵、チーズ、漬物、根菜(ゴボウ、にんじん、れんこん、ねぎ、たまねぎ、やまいもなど)は体を温める食材です。
 
 
6.酢、カリウム(K)の多い食物(食材)は体を冷やす。
 
葉菜、北方産以外の果物、牛乳、ビールなどは体を冷やす食べ物です。
 
 
7.温めも冷やしもしない食べ物(食材)(間性)に注目
 
玄米、トウモロコシ、いも類、大豆、などは、体を温めも冷やしもしない「間性」(陰陽のどちらにも偏らない穏やかな性質=平)という食べ物(食材)で、黄~薄茶色の中間色をしている。
いつ、どこで、誰が食べてもよく、人類の主食になってきた食べ物(食材)は、すべてこの間性の食べ物(食材)である。
 
 
8.体の余分な水を出す食べ物(食材)
 
汗や尿があまり出ず体がむくむのは、代謝が悪く、体内の余分な水分を排出できないからです。これらの食材で排出しましょう。
 
【小豆・黒豆・はと麦】
・・・小豆や黒豆には強い利尿作用があり、体内の水分をとって、むくみを解消してくれる。はと麦は体を冷やす食べ物だが、水分からくるだるさを解消してくれる。
 
【しょうが】
・・・しょうが:辛味成分のジンゲロールとショウガオールが、体を温め、胃液、唾液の分泌を促進してくれる。
 
【唐辛子】
・・・赤、青ともに、刺激的な辛味が血管を拡張させ、血液の循環をよくするために発汗する。
 
【らっきょう】
・・・利尿効果がある。消炎作用もあり、気をめぐらせて痰をとってくれる。
ねぎ、にら、にんにくと同じゆり科の仲間で、成分も同様。
 
【プルーン】
・・・便通がよくなり、鉄分が豊富で造血効果がある。
元々北方産の果物なので、体も温める。
 
【黒米】
・・・米の成分は玄米と同じ。
食物繊維が豊富で便秘に効果的。ビタミン、ミネラルも豊富。
 
【スパイス類】
・・・コショウ、マスタード、八角、クローブ、シナモンなど。
発汗利尿作用がある。強い香りに食欲も促進され、元気が出る。
 
 
 
食事制限と併用でラジオ波をされると効果がかなりアップします★
 
ラジオ波初回60分 3000円
 
大阪市中央区南船場4-10-20グランドメゾン西心斎橋1104
06-6120-3555
 

Facebookからコメントする

comments