皮脂の分泌を抑える方法~ 心斎橋リラクゼーションサロン、オイル、個室

皮脂分泌を抑える方法「皮脂の抑制」とニキビ改善について

ニキビ・吹き出物の原因の一つが過剰な皮脂分泌です。過剰な皮脂分泌を少しでも抑制することができれば、毛穴トラブルが少なくなっていきます。今回は、肌トラブルの原因の一つ「皮脂」を減らす方法をご紹介します。

ビタミンの摂取で皮脂分泌抑制

ビタミンB2で皮脂を減らすことができる?

サプリメント摂取の画像・写真 ビタミンB2(リボフラビン)は、脂質の代謝を促し、皮脂の分泌をコントロールする働きがあります。そのため、ビタミンB2が不足すると肌が脂っぽくなってニキビ、肌荒れを引き起こしたりします。特に鼻の周辺にフケや赤みが現れた場合、ビタミンB2の不足が疑われます。また、ビタミンB2は、皮膚・粘膜・細胞の再生、酸化された脂質(過酸化脂質)を還元する働きなどもあります。

ニキビ治療に対して皮膚科医はビタミンB2錠剤を処方することが多いです。また、市販されているニキビ・肌荒れ改善を目的とした医薬品・ビタミン剤にも必ずビタミンB2が含まれています。それくらいビタミンB2は肌の健康にとって重要な存在だといえます。糖質や脂肪分の摂取が多くなるとビタミンB2が不足しやすくなるため、日本人の中には不足ぎみの人は少なくないとされます。

ビタミンB6は脂性肌(オイリー肌)を予防する!

ビタミンB6は、皮膚炎を予防することから発見されたビタミンB群に属する水溶性ビタミンです。たんぱく質や脂質の代謝に関与し、健康な肌や髪の毛をつくり、成長を維持するために欠かせないビタミンです。不足すると皮膚炎を起こしたり、肌が脂っぽくなってニキビ・肌荒れを起こしたりすることがあります。ビタミンB6はビタミンB2とともに摂取すると良いといわれます。

市販されているニキビ・肌荒れの改善を目的とした医薬品・ビタミン剤のほとんどにビタミンB2とともにビタミンB6が配合されています。

Facebookからコメントする

comments