髪の毛に必要な栄養素①心斎橋駅近くスクール

髪の毛の原材料「タンパク質」

 

 

髪の毛の主要成分はタンパク質で組成されていますので、タンパク質は髪の毛を健康に成長させる上での最重要栄養素といえます。

 

よく「アミノ酸が髪にいい!」なんていわれると思いますが、タンパク質=アミノ酸と思ってください。

 

確かに髪の毛の生成時にはアミノ酸が必要不可欠ですが、そのアミノ酸は食事で摂取するタンパク質が姿を変えたものなのです。

 

例えば、AZE-12という育毛サプリメントは、アミノ酸の一種である「ケラチン」の成分構成を再現することで、毛髪細胞を生成しやすい成分を配合しています。

 

タンパク質には動物性のものと植物性のものの2種類があります。

 

小学生の家庭科の授業で教わった方もいらっしゃいますかね。動物性タンパク質は、肉・魚・卵に含まれており、植物性タンパク質は豆腐や納豆、つまり豆類に含まれています。

 

両方バランスよく摂取することが大切ですが、薄毛を含めて健康のことを考えると、植物性タンパク質を優先して摂取したほうがよいでしょう。

 

動物性タンパク質は摂取しすぎると内臓に脂肪がつきやすくなり、内臓機能低下・血行不良・血液質の低下を招きます。

 

いわゆる“メタボリック症候群”というやつですね。

 

血液機能の低下はハゲの原因になりますので、どちらかといえば植物性タンパク質を含んだ髪の毛にいい食べ物を摂取した方がよいでしょう。

BOSTON(ボストン)やダブルインパクトといった育毛サプリメントは、植物性タンパク質が豊富な大豆に含まれる「イソフラボン」を効率的に摂取できるのでオススメです。

 

 

大阪市中央区南船場4-10-20グランドメゾン西心斎橋1104

06-6120-3555

 

Facebookからコメントする

comments