上手な日焼け止めの選び方♫ 心斎橋駅近くスクール

上手な日焼け止めの塗り方(*^^)v

さてそれでは、日焼け止めの事がよくわかったと思いますので、実際に塗ってみましょう「え?塗るだけじゃないの?」と思うかもしれませんが、塗り方や塗った後の維持の仕方をちゃんと正しく行う事で、もっともっとお肌を紫外線から防御することができるんですよ。

日焼け止めは、あまり薄く塗り過ぎると、日焼け止めの効果が低くなります。これはまぁ当然な気がしますね。塗るときは、意識して少し厚めに塗るとよいでしょう。特に、額や鼻、肩や腕など、太陽光があたりやすい部分は、十分なほどしっかり塗ってください。首や耳たぶなどは、塗り忘れに注意しましょう。特に衣服から出る部分に注意して、まんべんなく塗っておくようにしましょう。そうすることで紫外線からお肌を守り、シミやソバカスをも防いでくれるのです。

 

焼け止めをしっかりと塗っていても、時間が経つと汗や皮脂などが原因で、塗っていた日焼け止めが落ちてきてしまったり、塗りムラができてきたりします。汗をタオルなどでふいたりすると、その部分も日焼け止めはとれてしまいます。肌を常に紫外線から守るためには、3時間前後位を目安として、適宜塗り直すようにしましょう。

女性用化粧品の中には、UVローション、UV乳液、UVファンデーションなど、日焼け止め成分を配合したものが結構あります。メイクのときに、スキンケア化粧品からファンデーションに至るまで、すべて日焼け止め成分を含むものを使うと、肌への負担が大きくなるので注意しましょうね♫

 

大阪市中央区南船場4-10-20グランドメゾン西心斎橋1104

06-6120-3555

 心斎橋駅、四ツ橋駅徒歩5分です☆

Facebookからコメントする

comments