梅雨とむくみの関係~心斎橋駅近くスクール

ジメジメとした天気の日が多くなるこの時期、体がだるくて重いと感じる事はありませんか? 梅雨は空気中の湿度が高いため、普段ならしらずしらずのうちに肌から蒸発している水分が なかなか体内から出ていってくれません。漢方では「湿邪(しつじゃ)」と呼ばれますが、体 に湿気が溜まると、様々な悪影響が表れます。
むくみもそのひとつなのです。
梅雨の不調の代表、むくみをスッキリ!
いよいよ梅雨ですね。湿気がムンムン。こんな季節には、次のような症状が気になってくる人も多いのでは。
・なんとなく体が重い ・だるさが抜けない ・胃腸の調子が悪い ・やたらに眠い ・関節が痛い
これらの症状は、梅雨のときなどに体調を悪くさせる過剰な湿気です。中医学では「脾」に 影響を及ぼしやすく、気の流れを阻害、胃腸の働きを悪くさせ、老廃物を体に溜め込ませる などするのもので、体調を崩す原因とされています。食欲不振や消化不良、下痢、胃の重苦 しさ、むくみといったものが特徴的な症状です。
では、どうすればいいのでしょうか。
むくみの原因
・インスタント食品などの塩分のとりすぎ
(血管の外に水が染み出してしまうとイメージしてください)
・座りっぱなし、立ちっぱなしなど同じ姿勢で長時間いること
(水が一定のところにたまってしまうイメージです。 ちなみに夕方足がむくむのは夜に なると、だんだん重力で水が足のほうにたまってくるから、朝、顔がむくむのは重力で 水が全身に均等に分配されるからですね。意外と単純です。)
・冷え、血行不良など ・運動不足を含む新陳代謝の低下 ・ホルモンの影響
(月経が始まる前の一週間ぐらい、ホルモン濃度の関係でむくむひとが多いのです)
・ビタミン、ミネラル不足(特にカリウム、カルシウム、マグネシウムなど)
なお、女性は男性より筋肉が少ないので基礎代謝も少なく、 足から血も心臓に帰って きにくいため、一般的に男性よりも女性のほうが脚のむくみの訴えが多いということ になります。 (女性の病気と言われるゆえんですね。)
まず、体内の湿気を少なくすること。
“水はけの良い状態”をつくることが大切です。
<1>汗をかく……適度な運動、半身浴など
<2>水分のとり過ぎ、お酒の飲み過ぎに注意する
<3>体を冷やさない
<4>梅雨の季節におすすめの食材をとる

・利尿作用のある、小豆、冬瓜、緑茶、アサリ、キュウリ、トマトなど ・発刊作用のある、ショウガ、ネギ、香菜、シソ、ペパーミントなど。体を温め、食欲  を増進させる作用もあります。 ・気のめぐりをよくし、イライラやストレスを緩和する作用のある、  オクラ、ワカメ、セロリ、ニンニク、クラゲ
意外? むくみには水分補給が◎
実は、むくんでいる時こそ、水分補給が必要です。 というのも、体の水分は、大まかには
「1.動脈」→「2.細胞にしみだす」→「3.静脈やリンパ管に回収される」というように流れています。
むくみ解消のために何よりも大切なのは、1→2→3と、スムーズな水の流れを促してあげること。 むくんでいる時ほど、こまめにお水を飲むようにしましょう。
むくみが気になるからとお水を控えると脳は、体が水分不足になっていると勘違いして、ますます流れを停滞させてしまいます。
むくみの「排水口」は、ひざ裏と脚のつけ根!
さらにむくみをスッキリ流したい時は、お風呂上りのマッサージを。 お気に入りのマッサージ剤で肌のすべりを良くしてから、体の先端から中央に向かって、 むくみを流すように手を動かしましょう。 ちなみに、体の中には「リンパ節」といって、老廃物をろ過して流す、排水口のようなポイント あります。排水口が詰まっていると、いくら水を流そうとしても、うまく流れません。 マッサージの前後に、リンパ節をやや強めにプッシュして、流れを促しましょう。 脚のリンパ節は、ひざ裏と、脚のつけ根にあります。 手のひらで、グーッと数秒かけて圧迫すると、心地よい刺激に。
まず、足に疲労が蓄積して足の筋肉が硬くなる。 その結果として血液循環が悪くなります。
「第二の心臓」といわれる足の筋肉は、下肢の主要な血流ポンプです。 この部分が硬くなると血流 が悪くなり、余分な水分が「むくみ」として足に滞ってしまうのです。また、血流が悪くなると 「細胞での代謝」が不活発になるので、「冷え」と「むくみ」には密接な関係があります。
腎臓に血液が十分送られないと、腎機能は徐々に低下していきます。それに伴い、心臓の機能も落ちていくのです。

 

当店では、むくみにすごく効果が出るように施術させていただいております★

大阪市中央区南船場4-10-20グランドメゾン西心斎橋1104

06-6120-3555

 

Facebookからコメントする

comments