目の疲れ放っておくと大変なことに…心斎橋駅近くスクール

疲れ目からくる症状

眼精疲労から神経症へ-怖い悪循環
眼精疲労からくる症状は、目のかすみや乾燥、異物感といったものから、だるさ・不眠・イライラ・肩こり・頭痛など様々です。

 

しかし、そうした困った症状よりもさらに大きな影響が出るのが神経であると言われています。

 

目が疲れて、「今日はパソコン作業や本を読みたくないな」と思ったことはありませんか?目の疲れを感じて、仕事を切り上げて目を休められるのなら良いのですが、仕事となればそうもいかないもの。

そうして溜まったストレスが神経に影響を与え、神経症を引き起こすことも。

 

また、ここまで極端な例でなくとも、眼精疲労からくる、腹痛や頭痛だと気づかず に不安を抱える方や、眼精疲労による慢性的な頭痛に悩まされている方の神経にも多大なストレスがかかっていると思われます。
重要なのは、眼精疲労の原因をどこまで軽減できるか、そして早めに治療を受けられるかどうか、ということです。

眼精疲労の症状はあなたの心がけ次第で、防止・治療することができるのです。

 

大阪市中央区南船場4-10-20グランドメゾン西心斎橋1104

06-6120-3555

 

 

 

 

 

Facebookからコメントする

comments