ヨガの効果をご紹介☆ 心斎橋駅近くエステスクール

 

柔軟性アップ

柔軟性がアップすると基礎代謝が上がり血流が良くなるので、ダイエット効果も高くなり、冷えの改善につながります。また疲れにくく、疲労回復も早くなります。

柔軟性が低いと関節に大きな負担をかけることになり、肩こりや腰痛を起こしたりします。柔軟性をアップし、この負担を減らすことが肩こりや腰痛の予防・改善につながります。柔軟性が高いと運動時のケガの予防にもなります。柔軟性が高いことは心身の緊張をほぐし、リラックスさせ、心身の老化予防に効果があります。

 

筋肉を鍛える

十分な筋肉がないと、関節炎や腰痛などが起こりやすくなります。

高齢者の場合転倒の原因にも。

老化現象といわれる身体的な衰えは、筋肉が落ちることによって起こります。

ヨガのポーズは筋肉を強化するだけでなく、筋力と柔軟性のバランスを改善します。また持久力も高まり、疲れにくくなります。

重量上げや腹筋などばかりをするとバランスよく強化されないばかりか、柔軟性が失われてしまいます。腰痛予防として腹筋運動をする人が多いですが、腹筋だけが強化されると恥骨が強く引き上げられ、腰が平らになってしまい、かえって腰痛を悪化させることもあります。

 

神経系の緊張緩和

自律神経のバランスの調整。自律神経系は交感神経と副交感神経の2つの神経系があります。この2つの神経系のバランスを調整することでストレスが緩和されます。

緊急時には交感神経(闘争、逃走反応)が働きますが、それ以外では副交感神経が働きます。副交感神経には神経系をリラックスさせる働きがあり、呼吸数や心拍数を整え、血圧を下げ、消化器や生殖器官などの内臓への血流量を増加させ、体の休養と消化を助けます。ヨガはこの反応を引き出し、自律神経のバランスを整える効果があります。

 

免疫力の向上

免疫機能を改善・向上する効果がもっとも高いと科学的に評価されている瞑想。瞑想を行うと、免疫機能が高まり、自己免疫疾患を起こす攻撃的な免疫機能が低下します。

 

減量

ヨガを習慣にすることで減量が促進されることが多くの研究によって証明されています。体重が減るだけでなく、体が引き締まります。

ヨガでは肥満を引き起こす精神的要因にも対処が可能なので、他の方法で減量に失敗続きの人でも、ヨガでの減量に成功するのはこのためだと考えられます。

またヨガをすることで、食事を気遣うようになるので、減量効果が高くなります。

 

 

 

 

 

食事制限のダイエットももちろん効果ありますが、並行して体を動かしたほうがリバウンドのしにくい体になりますね(#^.^#)

 

継続は力なり♫

 

 

 

大阪市中央区南船場4-10-20グランドメゾン西心斎橋1104

06-6120-3555

 

Facebookからコメントする

comments