■生野菜・温野菜のメリット・デメリット!!心斎橋駅近くエステスクール

(1)生野菜の場合 生野菜は、ビタミンやミネラルを加熱によって壊す事なく摂ることができます。

 

また、生きた酵素やニキビ・肌荒れを抑えてくれるポリフェノールなどのファイトケミカルが摂れるのも魅力ですね!

 

ただ、ほとんどが水分なので量を食べる事ができなかったり、ビタミンA・D・E・Kといった油溶性ビタミンが吸収されにくいというデメリットがあります。

 

(2)温野菜の場合 温野菜は、加熱することでカサが減り、お野菜を沢山食べる事ができます。また、油で調理すれば油溶性ビタミンの吸収率が良くなるというメリットがあります。

 

しかし、加熱する事でビタミンが壊れたり、茹でることで、ビタミンB群・ビオチン・葉酸・ビタミンCなどの水溶性ビタミンやポリフェノールなどのファイトケミカルが逃げてしまいます。

■美肌作りに効果的なお野菜の食べ方 (

 

1)生野菜の場合 生野菜を沢山食べるには、スムージーにするのがおススメです。

 

サラダで食べたい方は、いつもより一回り小さくお野菜を切るだけでもカサが減って沢山食べられます。

 

また、油溶性ビタミンの吸収率を良くするために、ドレッシングにオイルを使ったり、スムージーにナッツミルクを使うなどして、良質の油分を足してあげましょう!

 

(2)温野菜の場合 温野菜サラダで食べるのであれば、出来るだけ加熱時間を短く、そして茹でずに蒸すことで水溶性ビタミンの損失を最小限にしましょう。

 

鍋に少量の水とオイルを加え、蓋をして5分程度蒸して食べるのがおススメ!スープやお味噌汁など煮汁ごと食べる調理法も水に溶けたビタミンも摂れるのでおススメです。

 

スーパーやコンビニで売っているカット野菜や温野菜は、殺菌されていて長時間洗浄されている事が多いので栄養素はあまり期待できません。

 

野菜ジュースも、加工の際にビタミンや食物繊維が損失している事が多いです。

 

市販のサラダやジュースを買うのであれば、セロリ1本、トマト1個でも良いので、ご自分で調理したものを食べたほうが美肌作りに役立ちますよ。

 

生野菜・温野菜、それぞれのメリットを生かしつつバランス良く、沢山お野菜を食べて内側から輝く美肌を作りましょう!

 

大阪市中央区南船場4-10-20グランドメゾン西心斎橋1104

06-6120-3555

 

Facebookからコメントする

comments