正しい岩盤浴の入り方をご紹介♫ 心斎橋駅近くエステスクール

まず、サウナスーツに着替えたら水を飲んでおきましょう。

 

一気に大量に飲まず、五分ほどかけてゆっくりと500ミリリットル程度の水を飲みます。

 

お店の入り口などでミネラルウォーターのペットボトルを渡されるかもしれませんが、3分の1程度は先に飲んでおいてもよいでしょう。

入浴中にもペットボトルを持っていけるので、喉が渇いたら適当に飲みます。

 

ついで、岩盤浴場にはいるまえに軽く体を伸ばしておきましょう。

 

準備体操というほどでもないのですが、腕や肩を回しておくだけでも違いがあります。

 

岩盤浴場に入ったら、ゆっくりと呼吸をしつつ、開いている場所にシーツを広げて寝転がります。

 

まずはうつぶせになって、五分から十分程度入浴しましょう。

 

ついで、仰向けになって15分から20分程度。

 

これだけでも全身びっしょりと汗をかいていると思いますから、一度上がって休憩しましょう。

 

冷温サウナがあるならばそちらを利用するのもよいですね。

 

続けて入る場合は五分から十分程度、水を飲みながらゆっくりと体を落ち着けてから入ります。

 

仰向け、うつぶせなど姿勢をかえつつ、再び二五分ほど入ってから500ミリリットル程度の水をゆっくりと飲むなどしましょう。

 

岩盤浴では、休憩を適度に挟む必要があるのです。

 

上がったらシャワー?それともタオル?

 

多くの岩盤浴場では、タオルで軽く汗をぬぐい、シャワーを浴びないほうがよいとされています。

皮脂を含んだサラサラとした汗がバリアとなって保湿効果があるとされているからですが、ベタベタして気持ち悪い時にはシャワーを浴びても問題ありません。

 

温泉などが併設されている場合に、岩盤浴の後に温泉に入ることもあると思います。

 

その場合にはしっかりと体を洗ってから温泉に入りましょう。

 

 

大阪市中央区南船場4-10-20グランドメゾン西心斎橋1104

 

06-6120-3555

Facebookからコメントする

comments